38歳エンジニアが40歳でリタイアを目指す

38歳エンジニアが40歳でリタイアを目指すための日常を綴ります

皮膚科に行ってきました

顔が痒くてたまらない!

夜も眠れないくらいとにかく痒いです!

乾燥しているのか顔全体が粉を吹いています。

そして掻くと皮膚が剥がれて何やら薄い黄色の液体が出てきます。

これはやばい。やばすぎる。。。

 

というわけで皮膚科に行ってきました。

症状を医師に伝えたところ、顔に塗るステロイドのお薬と

かゆみをおさえる飲み薬を処方してもらいました。

 

お家に帰ってさっそくステロイドの薬を顔全体に塗って様子を見ます。

皮膚科を受診したのが午前11時頃で、今はもう夕方になっています。

たった半日?程度しか経っていないのに、少しだけマシになった気がします。

さすがステロイド剤!即効性が凄いですね。

 

今までだと口を開閉するだけでその周辺の皮膚が引っ張られて

ピリピリ痛くてたまりませんでした。

それが今は少し軽減しています。

 

顔がかゆいのも日中は比較的マシになりました。

しかし、問題は夜です。

そう、夜になると猛烈にかゆくなるのです。

この症状が治るまではいかなくても、最低限眠れるくらいには改善してほしい。

痒くて眠れないほど辛いのはキツいです。

 

就寝前のお薬を飲むのを忘れないようにしないといけませんね。

しかし、原因は一体何なのでしょうか。

単に乾燥しているだけというわけではなさそうですし。

(それなら保湿剤が処方されると思います。)

何かのアレルギーだと思うんですよね。

それが何のアレルギーかはわかりません。

ただ、冬になると毎年のようにこの症状に悩まされるので

冬に発生するものが何らしかあるのかもしれません。

 

稲は秋だし、稲刈りはもう終わってるし。

うーん、なんだろう。

とりあえず外部からの刺激かもしれないので、お部屋の吸気口を閉じることにしました。

外で何か燃やしていたりしたら直で匂いが部屋に漂うのでそれを回避しようかと。

この時期は外で燃やしている人が多いので、その中にアレルギー源となるものが

あるのかもしれません。

 

とりあえず1週間は処方されたお薬で様子見となりました。

 

・塗り薬は朝と夜のお風呂上がりに塗ること。

・飲み薬は就寝前に飲むこと。

 

1週間後に必ず受診するように言われたので、忘れないようにしたいと思います。

(症状が改善されてたら忘れるかもしれないので、きちんとスケジュールに入れました。)

 

それではまた。