38歳エンジニアが40歳でリタイアを目指す

38歳エンジニアが40歳でリタイアを目指すための日常を綴ります

テイルズウィーバーセカンドランをインストールしてみました。

ネクソンのオンラインゲームで「テイルズウィーバー」というのをやっていました。

めちゃくちゃハマったゲームで、レベルも250超えという記録を出したくらいに

やり込んだゲームでしたが、パソコンからMacになってからはプレイしなくなりました。

まあ、OSが対応していないので仕方がないです。

 

そんなテイルズウィーバーがセカンドランという名前になって

スマホアプリでリリースされました。

さっそくインストールしてプレイしてみると、

もう音楽が当時の音楽そのままで、それだけで「うわ、懐かしい!」と思いました。(笑

 

とりあえずチュートリアルだけ一通り済ませましたが、

ゲームシステムなどはほとんどわかっていません。(笑

友達もプレイしており、その友達はもうレベル50くらいまでやりこんでいるとか。

私はチュートリアルを終えたばかりのLv2という雑魚です。

キャラクターはティチエルを選択しました。

 

当時パソコンでやっていたときのメインキャラもティチエルだったので

すごく懐かしい感じがします。

ただ、今回スマホゲームになってからボイスが追加されていて

そのボイスが自分がイメージしていたティチエルとなんとなく違うなぁと

少し違和感がありますが、まあそこは仕方がないです。

割り切ってプレイしたいと思います。

 

もうすぐ旅行にいくのでしばらくプレイできなくなりますが

うーん、旅行から帰ってきてからじっくりプレイするのも良いかもしれません。

 

ちなみにパソコンのオンラインゲーム「ティルズウィーバー」の方は

まだサービスを続けています。

オンラインゲームにしてはかなり長い運営です。

それだけいまだに人気があるということなのかもしれません。

 

MacでもブートキャンプでWindowsをインストールできるので

パソコン版をやろうと思えばできるのですが、

キーボードが特にFキーがタッチバーになっていて非常に使いにくいので

ゲームをプレイできるほどではないかなぁ。といった感じで

ずっとプレイしていなかったりします。

残念。

 

それではまた。

旅行の準備をしています。

11月30日から1泊2日の旅行へ行ってきます。

そのための準備をしています。

 

まず重要なのは着替えです。

1泊するので下着は1着持っていきたいところです。

 

次に重要なのはお薬です。

潰瘍性大腸炎寛解を維持するためのお薬と適応障害の精神薬を

お昼・夜・寝る前・朝・お昼・夜の6回分を持っていくことにします。

 

次に準備したのは、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種証明書と

運転免許証です。

これらは旅行代金から割引を適用するために必要です。

 

旅行当日に準備するものとしては、洗顔料と顔に塗っている保湿剤くらいです。

洗顔料と保湿剤は出かける当日の朝に使うので、

朝に使ったらそのまま旅行カバンに入れて持っていく予定です。

 

その他、スマホと暇つぶしのためのイヤホンを持っていくことにします。

毎回お出かけの時はAirPodsProを持っていくのですが、

結局使わずに有線のEarPodsを使うので、今回はAirPodsProはお家に置いていきます。

 

あとは旅行のしおりも忘れずに持っていくことにします。

久々に電車での旅行なので、発車時刻などが書いてあるため

持っていくのを忘れると大変です。

 

飲み物にペットボトルの麦茶も持っていくことにします。

現地の自販機で買うと高いのでスーパーで買った68円の麦茶を持っていきます。

確か自販機だと180円くらいしたと思います。

倍以上の値段で驚きです。

 

スマホの充電器はどうしようか悩み中。

1泊2日くらいだと持ちそうな気がするので、かさばるし置いていこうかなぁ。

 

その他にもあったら思い出し次第、旅行カバンに詰め込んで行くことにします。

 

それではまた。

宅配業者を装ったSMSを受信しました。

日中に突然知らない番号からSMSが届きました。

内容は以下のもの。

 

「お客様が不在の為お荷物を持ち帰りました。こちらにてご確認ください q.𝙤p𝙘𝗐𝗊.com?8lw8y0」

 

URLが明らかに怪しいです。

たまにネットで物を注文した時に不在だった場合に、SMSで似たような文言で

受信することがあるのですが、今回は何も買い物をしていないにもかかわらず

届いたので即怪しいなと思いリンクは踏みませんでした。

 

もし、Amazonで何か注文していたら危なかったかもしれません。

見極めるところはURLの文字が少し斜体になっているところだと思います。

英語というより少しロシア語に近いフォントになっているのが特徴です。

 

まあ、そもそもURL自体がデタラメな文字列の組み合わせになっている時点で

十分怪しいです。

またURLにパラメータ(?がついている)があることも不自然です。

 

スマホに受信しており、この怪しいURLをクリックすると

iPhoneの場合はApple IDの管理ページ、

Androidの場合は日本郵便公式サイトに偽装されたフィッシング詐欺ページに繋がる

リンク(URL)が添付されており、うっかり本物のIDとパスワードを入力すると

AppleIDとパスワードのセットが流出したり、

Androidだとマルウェアのアプリがインストールされたりと大変なことになってしまいます。

 

こういうのは相手にせずにサッと削除するに限ります。

 

それではまた。

Twitterに楽天証券がトレンド入りしていました

内容を見るとどれもネガティブなツイートでした。

楽天グループ全体が危ないから楽天証券が破綻するのではないかとか。

楽天証券が破綻したら保有している株式なども消失するのではないか。

とかそういうツイートが散見されました。

 

実際に楽天証券が破綻することはないと思いますが、

勘違いしている人が多いのは、楽天証券が破綻すると保有している

株式なども消失すると思っている人たちです。

 

もし仮に破綻したとしても分別管理で株式などは返還されますし、

もし仮に分別管理を守っていなかったとしても1000万円までは保護されますし

特に心配することはないと思います。

ただし、貸株している分は保護対象外となるので要注意です。

 

私は楽天の改悪祭りに毎回踊らされるのは嫌になったので

SBI証券に移しましたが、楽天グループが赤字続きだった場合、

さらに改悪が入ることがあるので、そういうのが嫌な人は移した方が良いかもしれません。

 

現状は慌てて移す必要はないと思います。

楽天証券の画面は他の証券会社に比べて見やすいし使いやすいので

ポイントなどはあてにしていないという人にとっては、

まだまだ使えるサービスなのではないかと思います。

SBI証券に移した私が言うのも説得力はなさそうですけど。

 

なにはともあれ投資は長期的なお付き合いになるので、

信用できるところに資産を置いておきたいというのは本音です。

楽天に見切りをつけて他に移すもよし、楽天と共に資産を築いていくもよし。

証券会社選びは最初が肝心だと思うので、じっくり選んだ方が良いです。

 

それではまた。

ガストへ行ってきました。

もう何年も行っていないガストに行こうと誘われたので行ってきました。

メンバーは私と母と姉の3人という珍しい組み合わせです。

姉夫婦の旦那は仕事で姪っ子は学校で父は酔い潰れて寝ています。

父は姪っ子に会いたいだけなので姪っ子が来ない日はついてこないです。

 

ガストの店舗がリニューアルしたとのことで行ってみました。

注文したのはミックスグリルです。

タッチパネルで注文して、なかなか持ってこないなぁ。と思っていたところ

後ろを振り返ると猫型ロボットが注文したメニューを搭載して来ていました。

いや、全く気配がなかったから気づかなかったです。

いつの間に居たの?!といった感じです。

 

メニューは自分で取り出してテーブルに置く必要があるようです。

さすがにそこまでは自動化できない模様。

メニューを全て取り出すと猫型ロボットは帰っていきました。

ロボットがメニューを運んでくるお店があると聞いてはいたものの

初めてみたので新鮮でした。

 

店舗は小さめなので店内の通路もやや狭いです。

私が椅子にゆったり腰掛けるように引いていると、通路が少し狭くなってしまうのか

猫型ロボットがいつも私の後ろから少し斜めの位置で立ち往生していました。

椅子を調整して通路の広さをある程度確保したら、

その後は猫型ロボットもスムーズに動くようになりました。

うん、邪魔してすいません。

 

注文したメニューのメインはハンバーグなのですが、

これがなんというか機械であらかじめ作っておいて温めただけのような

硬いハンバーグでソースもレトルトかな?と思うくらいの味で残念でした。

ココスやびっくりドンキーの方がよっぽど美味しかったです。

その代わりそれらのお店と比較して価格は抑えめで、

税込で1000円を少しオーバーするくらいだったので、値段相応といった感じでしょうか。

 

父親がいたらめちゃくちゃ文句言ってたと思います。

今回付いてこなくてホッとしています。

おそらくもう当分行かないと思います。

 

それではまた。

米国ETFの買付自動化をしたのに買えていなかった。

住信SBIネット銀行SBI証券を利用していると、

円から米ドルへの両替と証券口座へ米ドルを移すのと、

証券口座から米国ETFを自動で買い付けるという3つの設定を行うことで

何もしていなくても毎月指定した分だけ米国ETFを購入することができます。

 

この設定をしたはずなのですが、実際には買付ができておらず

SBI証券内に米ドルだけが貯まっていました。

どうやら、「円から米ドルへの両替と証券口座へ米ドルを移す」というところまでは

自動化でできていたようですが、最後の「米国ETFを自動で買い付ける」

というのができていませんでした。

 

おかしいな・・・定期買付の設定はきちんとしてあるのに。

そう思って手動では買えるのかどうかを試してみたところ、

取引できませんと言われました。

内容を見ると、「取引制限のあるメッセージが未確認のため取引が制限されています。」

とのことです。

 

メッセージを見ると取引制限に絞ると確かに米国株式に取引制限がかかる

メッセージが届いていました。

これを確認済みに買えたところ、手動での買付ができるようになりました。

ということはこれで定期買付の設定も有効になったはず。

 

しばらく日数を空けて再度確認してみると無事約定していました。

米国ETFの買付の一連を自動化したとはいえ、たまにはSBI証券にログインして

取引制限がかかるようなメッセージを受信していないか確認する必要がありそうです。

おそらくそう頻繁に来るものではないと思いますが、いつ来るかわからないというのが

チェックするタイミングを見るのに少々厄介です。

面倒でも月に1回くらいはチェックした方が良いかもしれません。

 

それではまた。

NISAの非課税期間恒久化が現実味を帯びてきました。

インターネット界隈では囁かれていた「NISAの非課税期間恒久化」ですが

先日、テレビのニュースでも取り上げられていたので

いよいよ現実味を帯びてきたといった感じです。

 

私は今年のNISA枠は9月分までは楽天証券で使いましたが、

来年からはSBI証券で使いたいので、10月以降は投資をストップしています。

来年から改めてつみたてNISAを始めたいと思います。

 

楽天証券をやめた理由はやはり投信保有ポイントがなくなったからです。

SBI証券には投信マイレージという投信保有ポイントに似たものがあるので

そちらの方がお得と感じました。

ちなみに投信保有ポイントも投信マイレージも、保有する投資信託の資産額に応じて

楽天なら楽天ポイントがもらえて、SBI証券ならメインポイントに設定している

ポイントがもらえます。

そしてもらったポイントで再び投資信託を購入することができます。

 

NISAの非課税期間恒久化を受けて、特定口座で運用している資産への

運用益の税率が現在の20.315%から30%に引き上げられるのでは?という

懸念があります。

特定口座の資産を崩しつつ、その分をつみたてNISAで投資するかどうかは

今考えているところです。

しばらく投資原資はもちそうなので、本格的に原資が尽きるという状況になってから

特定口座を取り崩してつみたてNISAに投資するというのもありかもしれませんが

その頃になるとすでに税率が30%に引き上げられている可能性があるので

悩ましいところです。

 

んー、やはり20%のうちに取り崩して、その分をつみたてNISAに投資した方が

良いのだろうか。

もう少し悩んでみることにします。

 

それではまた。